YOLOL CAPTAIN COLUMN - You Only Live Once -

2020.02.17 【英語学習】 新型コロナウイルスって英語でなんていう?

どもどもCaptainでっす。

新型コロナウイルス、日本への影響想像以上でした。先日も毎年開催されているカメラ関係の大きなイベントの中止が発表されましたし、オリンピックまでに落ち着かないとどうなることやら…。新型コロナウイルスが原因か正確なところは不明ですが、パソコン関係の部品も価格が一気に高騰を始めたみたいです。中国での対策で生産性が落ちているせいかもしれないですね。

今回はこの新型コロナウイルスに関係した英語について書いてみようかなと。

まず英語で新型コロナウイルスはこう書きます。

novel coronavirus

virusは日本語で言うウイルスのことですね。発音がウイルスとはかけ離れているので、知らないと聞き取れない可能性大です。novelは新しいという意味の単語ですけど、あまりあまり目にしないかもしれないですね。名詞としては小説を意味するので、こっちの意味は知ってる人が多いかも? 形容詞としての使い方になります。単にnew coronavirusと表記することもあるみたいです。

googleでnovel coronavirusと調べてみて、英語のWebページを見てみましょう。

https://www.who.int/health-topics/coronavirus

大抵の人は英語のWebで最初に見つかるのはWHOのnovel coronavirusのページなんじゃないかなと。

WHOは(World Health Organization)の頭文字ですね。日本語だと世界保健機関。そのまま直訳です。

WHOのCoronavirusのページで、頻出の単語をチェックしてみよう!

severe

カタカナ英語でもよく使います。たぶん皆さんも使ってます。そうカタカナ英語だと「シビア」。

severe diseasesとかsevere casesって使われてますね。意味としては「深刻な」「厳しい」って感じでしょうか?

symptom

これは馴染みないかもですね。僕もcoronavirus関係の英語のニュースを追いかけるまで知らなかったです。

海外で体調崩して病院行ったら聞かれるかも?病気とかの「症状」のことだったりします。

What kind of symptoms do you have right now?(今どんな症状が出てますか?)

って感じで聞かれるかも?

novel coronavirusに感染したときの一般的なsymtomsはこう書かれてます。

fever, cough, shortness of breath, and breathing dificulties

熱、咳、息切れ、呼吸困難

さっきでてきた「severe case」(深刻なケース)では肺炎、SARS、腎不全、最悪のケースでは死に至ると書かれてますね。

outbreak

これは昔映画のタイトルにもなったので知ってるかな?

WHOのWebページではこう使われてますね。

Current novel coronavirus(2019-nCoV) outbreak

outbreakは「発生」という意味なんですけど、突発的な発生という感じですね。Webでは使われてないですけど、こういう言い方でも使われます。今後新型コロナウイルスがさらに広がると英語のニュースで使われるかもしれません。pandemic outbreak。pandemicは「世界的に広がる」とか「世界的に流行する」とかいう形容詞。

pandemic outbreak of novel coronavirusで新型コロナウイルスの世界的流行の発生ってな感じです。

WHOで情報をいろいろと調べていて、みつけた動画なんですけど、さすが世界的な組織の作る説明動画ですね、英語もとても聞き取りやすくて、理解しやすいです。

リスニング教材としてもかなりいいものだと思うので、是非一度見てみてください。

まとめ

東京でも感染者が出てきている新型コロナウイルス。満員電車に乗らざるを得ない人も多いと思います。マスクが品薄だったりしますけど、しっかりと予防策を取るようにしましょう。外出したら手洗い、うがいをする。インフルエンザの流行時期でもあるので、何かしら症状があったら病院にいく。というのがいいんではないかと。

それでは、今回はこの辺で。
See Ya!
Captainでした。

2020.01.27 【英語学習】 知ってるのに聞き取れない…

どもどもCaptainでっす。

昨年の冬も雪が少なかったみたいで、僕が仕事でよく行くあたりはスキー場が営業できなかったりしてたみたいなんですけども、今年も雪の多い地域でも少ないみたいですね。そう言えば去年の今頃は結石で自分で救急車読んで病院行ったりしてました…(笑)

ちなみに救急車は英語でなんて言うか知ってますか?

Ambulance

って言います。セブの救急車は(というかフィリピン?)車のボディにでっかくAmbulanceって書かれてます。セブの渋滞をかき分けて進んでいくような感じです。

知ってるはずなのに… 聞き取れないのはなんで?

さて、今回のネタはスペルを見れば知っているんだけど、聞き取れないというお話。

これってカタカナ英語のせい。

以前にフォニックスで出てきた、YouTubeの「あいうえおフォニックス」チャンネルで面白い動画を見つけました。

カタカナ英語と大きく異なる言葉を紹介してる動画なんですけど、セブに留学したときでも使える言葉も紹介されてました。

Where is the cashier?(レジはどこ?)

セブのスーパーマーケットは結構大きいのでレジの場所分からないなんてこともあるかもしれません。そんなときコレ使いますよね?でもcashierの発音は意外と知らないかもしれません。詳しくは動画を見てみてください。一度も音を聞いたことがない単語は分からなくて当たり前なので、英語での発音をなるべく多く経験することが大事だと思います。

話は少し変わります。日本語ってカタカナ英語がかなり多く使われています。なので日本人って思ってるよりも英単語知ってるんです。スペルという視覚情報(あるいは手の動き)で覚えている単語と音声という聴覚の情報を結び付けられていないんですね。こってとてももったいないと思います。

YouTubeで公開されている英語学習コンテンツは単語帳などで勉強するときのような視覚情報としてインプットする部分とリスニング学習のような聴覚情報としてインプットする部分が一緒になっているのでとてもいいと思います。見ているだけでスペルと音が結びついた状態でインプットされるので、記憶に残りやすいんだと思います。勉強と思って見るのは苦痛ですけど、息抜きと思って見てみるのでも耳と目から情報は入ってくるのでいいんじゃないかと。

あいうえおフォニックスは子供向けのチャンネルですが、大人向けのコンテンツもあったりします。結構需要があったみたい。

あいうえおフォニックス内で「大人のフォニックス」ってシリーズがあります。このシリーズは実際に英会話で使う実践的な内容が多いので、とてもためになります。ネイティブの発音が聞き取れないなと思っていた時にこのチャンネルに出会って、こうやって発音してるんだっていうのが知れたという実体験があります。

YouTubeなのでスマホでも気軽に見られるのがいいですね。

最後にもう一つだけ、僕の実体験から。趣味で歌をやってるってのは何度かコラムに書いてると思うんですけど、英語の歌を歌っていて気が付いたこと。

日本人が考えている英語の発音よりも、実際の英語は速い。ということ。

文章全体を速くっていう感じではなくて、単語が速いって感じ?

前回のコラムで書いたことも関係してくるんですけど、Liaisonのせい。英語は怠けたがりなので、重要な部分以外は出来るだけ音をつなげる。弱く発音する。発音しない。ということがとても多いです。全部をしっかり発音しないことの方が多いので、しっかりと発音しがちな日本人が考える英単語よりも速く感じるんです。

英語コンテンツを見たり聞いたりするときに

This is a pen.

レベルの簡単な英語であっても、どうやって抑揚がついてるんだろうって気を付けて聞いてみてください。僕的には数をこなせば自然とそれっぽいリズムがわかってくると思います。

まとめ

あいうえおフォニックスの回し者ではないですけど、このチャンネルのコンテンツは英会話初心者から中級くらいまではとても為になるコンテンツがたくさんあります。是非見てみてください。

それでは、今回はこの辺で。
See Ya! Capitanでした。

2020.01.20 【英語学習?】言語と音楽の関係について

どもどもCaptainでっす。

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年もCaptainコラム、YOLOL Englishをよろしくお願いします。

オリンピックイヤーではありますが、僕個人は去年と変わらずという感じです。去年はセブに行けなったので今年は行きたいんですけど、セブの夏の季節は仕事が入ってくる時期でもあるので、なかなか難しいんですよね…。このままだと行けるのは秋になってしまう可能性も…。

さて、2020年最初のコラムはガチの英語の勉強ではなく、言語と音楽の関係について。

面白い動画をTwitterで見かけたので、紹介したいと思います。

オリジナルの動画はYouTubeにあるのですが、日本語字幕付きのものがTwitterにあります。Twitterの仕様で細切れになってしまってるのが残念。

ジャズミュージシャン、パトリック・バートレーのインタビューなんですけど、J-POPに傾倒していることもあって日本語と英語の違いについてミュージシャンならではの面白い表現をしています。セブに留学していた頃、ティーチャーからこんな話を聞いたことがあります。

「英語はアクセントがあるけれど、日本語はほとんどない。だから英語を日本語を話すように話しちゃうと英語を話す人から聞くと聞き取りにくい英語になっちゃう。」

外国人の日本語に、僕ら日本人が違和感を感じるのは、アクセントが多い日本語になっちゃってるからなんですね。逆に考えると、僕ら日本人が話す英語も発音の上手い下手よりもアクセントがほとんどない英語になってしまってるから、海外の人には聞き取りにくくなってるんじゃないかなと。

ティーチャーは日本語はモノトーンだとも言ってました。そして、インタビューの中でパトリック・バートレーも日本語はアクセントがない。と言ってますね。さらに英語はdiphthongで日本語はnomophthongだとも言ってます。dipthongは二重母音、monophthongは単母音のこと。アクセントの有無と二重母音と単母音の違いはアメリカの音楽とJ-POPの違いに大きく関係していると。二重母音の言語、特に英語はスムーズに繋げやすいので歌詞をつけやすいとかグルーヴが生まれやすい。一方で単母音の日本語は音が流れるのではなく、1つ1つが分かれてしまいやすい。

どういうことかというと、日本語は五十音のどの音にも母音が含まれていて、さらにあいうえおを除いて子音+母音の組み合わせになります。この子音と母音を組み合わせた五十音は他の音とくっつけにくいんですね。英語でいうliaisonがやりにくいわけです。

英単語の発音ではなく、英会話を上手くなるのであれば、こう意識してみてほしいと思います。

音をつなげる、リズムに乗る

まるで音楽ですね。どうしてこう意識してほしいかというと。

「音をつなげる」=二重母音を意識

つまりliaisonです。英語も混ぜると説明しにくいので、カタカナで表記しますけど。

レット イット ビー

じゃなくて

レディビー

ということ。英語は楽をしたがる言葉だって前にも書いた気がしますけど、伝わるなら発音省略しちゃう。Let it beのLetの最後の「t」とitの最初の「i」がくっついてさらに楽に発音するのにtがdに。itのような代名詞はそもそもあまり重要じゃないとみなされることが多いので「i」を発音しとけばわかるでしょという感じで「t」は極々弱く発音するか、省いちゃう。省いた方がそのあとの音と繋げやすいなら積極的にサボるのが英語です。Let it beの例だとitのtは極々弱く発音してます。でも日本人が発音するなら、省いちゃうくらいの考え方の方がいいんじゃないかと思います。音をつなげると考えながら話をするというのが大事。

「リズムに乗る」=抑揚をつける

つまりアクセントです。

Let it beの例だとitの部分が弱くなるのは説明しました。Let it beじゃなくてLet it beなわけですね。(太くした部分がアクセントが強いとこ)

パトリック・バートレーも動画の中で日本語にも、問いかけで語尾が上がるというアクセントがある例は少ないけどあると言ってます。英語はそうじゃないですね。重要なこと、固有名詞とか動詞とかはハッキリ、シッカリ発音する傾向があります。逆に代名詞のようにあまり重要でなさそうな部分は楽をしちゃう。日本語はそもそも代名詞というか主語を省略しがちですよね。英語では主語を省略できないので、弱く発音してると考えるとしっくりくるかもしれません。

昨日お台場に行ったんだ

I went to Odaiba yesterday.

ほら、日本語の方は主語がないですね。でも意味通じますよね?この意識で英語を話すわけですね。

英語らしく聞こえる話し方は音の高さも重要!

もう一つ英語らしく話すのに重要なこと

英語は高い音から低いところに階段状に降りていくとそれらしく聞こえる。というのがあります。

My name is Captain.

Myが一番高くて、name→is→Captainで段々下がっていくと英語を話しているように聞こえます。これはメロディのある歌では参考にしにくいので、英語の映画、海外ドラマ、ニュースなどいろいろな話し方を聞いて慣れるのが近道かと思います。簡単な言葉、セリフだったら真似てみるのもいい方法。上手い人のコピーから始めるのが上達への近道なのはなんだって同じです。

まとめ

オリンピックイヤーで日本に英語を話す人が例年よりも多くなるでしょう。公共交通機関を使ってれば会話が耳に入ってくるかもしれません。いきなり見ず知らずの外国人に話しかけるのはオススメできませんが、自然に耳に入ってくる会話は絶好のお手本です!

つなげる、リズムにのる、高い音から低い音

英会話では発音が上手い下手よりも、ボキャブラリーの多さよりも、上の3つが出来てる人の方が会話が成り立ちやすいと思います。是非英語で話すときは意識してみてください。

それでは今回はこの辺で
See Ya!

Captainでした。

2019.12.31 Bye-bye 2019 Hello 2020 Happy new year!

 

どもどもCaptainです。
大晦日です、もうすぐ2020年です。オリンピックイヤーです。
こないだ久しぶりにJR乗ったんですけど、駅のアナウンスって最近変わりました? 前って

Thank you for ~.だったと思うんですけど、久しぶりに聞いたやつは

Thank you very much for ~.ってなってたんですよね。これも来年海外からたくさんやってくる外国人へのおもてなしってやつなんですかね?個人的にこの言い方はなんか違和感感じますが…。

今回は日本における日本人と外国人の関わり合いに関してちょっと書いてみたいと思います。

先日TwotterでこんなつぶやきがRTで流れてきました。

なるほどなと。僕も英会話の一番の学習法は英会話だと思ってます。なので英語を話す人と会話するというのは正しい。でも、会話に割り込むのはよくないんじゃないと思っちゃうわけですよ。特に日本に来ている外国人のうち最低でも1/3くらいは日本人と会話するチャンスがあったら日本語使いたいと考えてるんじゃないかなと思ってます。観光客だったら少しだけ覚えた日本語使いたいとかね。日本人の多いとこに来ている外国人はそういうパターンが多いんじゃないでしょうか。あるいは相当な期間日本にいて慣れちゃってる人か。セブにそれなりの期間留学してると、セブの普通の人が普通に食事するレストランに行くようになるのと同じ感じ。

英語圏、英語圏に近い国では基本的に英語が話せる人が多いです。なので海外に行ったらガンガン英語で話をしてもいいと思います。セブだと日本人に対しては好意的な人が多いので、向こうから話かけてくることも多いです。でも一人でいるところへ話かけてくるフィリピン人の中にはよくない人間もいるので、常に注意はしておくべきです。ショッピングモールで一人で買い物中に時間聞かれたりしますけど、SNS大好きフィリピン人がスマホ持ってない訳がないんですから、その辺は怪しいと思うことも大事。

ちょっと話が反れていっているので方向修正しましょう。来年のオリンピックでは相当数の外国人が日本にくるでしょう。競技を見るだけじゃなくて、観光も目的にしてるはずです。

日本っていい国だ!って思ってもらえるような対応をしたいなと僕自身は考えてるわけです。昔英語に全然自信がなかったころ、東京駅で英語で道を聞かれたことがあります。

Excuse me.
Sorry.(逃げるように去る)

道が分からないんだろうなというのが分かってるのに英語で教えられないから逃げちゃう。これってよくよく考えるとされた方は結構きついですよね。

ホントに急いでるんだったら仕方ないんですよ、でも理由も付け加えてあげるべきだなと思います。

道案内するつもりなら場所を聞いて、知らなかったらごめんわからないやで分かれればいいんです。
皆さんスマホ持ってますよね?
Googleマップ片手に説明すれば簡単です。

Excuse me. Would you tell me how to go to 〇〇.(〇〇への行き方教えてくれませんか?)

Sure. Now, we are here.(googleマップの現在地を指さしながら、今ここにいるよと伝える)
And your desitination is here.(目的地をまたgoogleマップで指さしてあげる。)
And this street is there(here).(地図上の目立つ通りを実際の風景で指さしてあげる。遠かったらthereだし、目の前の道ならhereでも)
So your desitination is that way.(目的地の方向を実際の風景で指さしてあげる。見えてるならそのものを指さす)

どうです?身振りでほとんどのこと伝えられるんですよ。何番目の角を曲がってとか英語でなんていうんだっけ?とか迷わなくていいです。だいたいの方向示してあげれば、だいたいわかってくれます。

これがホントに聞いたことない場所で知らなかったら

Sorry, I don’t know the place.

これでOKです。

何も言わずに立ち去るのだけはやめましょ。過去に自分もやってますけど、今となってはアレはなかったなと反省してます。後味悪いんですよ。

という訳でまだオリンピックまで時間はあります。YOLOL Englishではオンラインコースもあるみたいなのでチャレンジしてみてはどうでしょう?

まとめ

本年はCaptainコラム読んでくださってありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いします!

それでは! See Ya!
Captainでした。

2019.12.16 【英語学習】 「たくさん」のボキャブラリーを増やそう!

どもどもCaptainでっす。

ちょっといろいろと立て込んでしまって12月第一回が遅れてしまいました。もう今年もあと半月。あっという間ですね、ホント。なんか秋がすごく短かった感じ。というか去年と違って今年は梅雨が長かったので夏も短かった印象があります。なんせ7月に仕事中ダウン着込んでましたからね(笑)

さて、今回は「たくさん」について書いてみたいと思います。

「たくさん」っていうとまず思いつくのって、ほとんどの人が

a lot of ●●

だと思うんですよね。lots of ●●もa lotがlotsという複数形になっただけなので同じですね。manyも多いと思います。でも英語は繰り返しを嫌う言語です。こういう頻繁に使う言葉はたくさんのボキャブラリーがあった方が役に立ちます。という訳で会話でも頻出の「たくさん」を紹介していこうと思います。

tons of ●●

tonは重さのtonですね。4トントラックとかのトン。ものすごく多いんだというニュアンスを強めに表現したいときの「たくさん」で主に会話で使います。

I have tons of homework to finish by tomorrow.(明日までにやらないとならない宿題がすっげーたくさんあるんだよ)

tons ofはa lot ofと同じで可算名詞、不可算名詞どちらも使えます。

bunch of ●●

bunchは束を表す単語ですね。a bunch of flowersで花束とかで使います。でも個人的には英会話では「たくさん」の意味でbunch ofを使うことが多い印象です。

He has bunch of DVDs and Blu-Rays, coz he is movie geek.(彼はすっごい数のDVDとブルーレイ持ってるんだよ、彼は映画マニアだからね!)

ちょっと話はそれますけど、geekは日本でいうオタクのこと。でもgeekは日本語のオタクの様にネガティブなニュアンスを伴わない言葉です。日本語でいうオタクはnerdが近いかな?

much

コレみんな知ってるのに「たくさん」の●●で使う人少ない印象です。でも不可算名詞に対しては「たくさん」の意味で使えます。

I don’t recommend to have much money in your pocket, when you go to festival.(ポケットにたくさんのお金入れてfestivalに行くのはオススメしないな)

不可算名詞に対して使える「たくさん」なので可算名詞、不可算名詞に使えるa lot ofやtons of、bunch ofと比べると少し考えて使わないとならないです。でもこういう言い回しがよく使われるっていうパターンをいっぱい聞いていれば自然と使えるようになると思います。何事も経験回数です。

まとめ

tons ofやbunch ofは聞いたことないって人も多いんじゃないでしょうか? 簡単な言葉の組み合わせですし、可算、不可算問わず使えるのでこれを機会に是非覚えてしまいましょう!

それでは、今回はこの辺で。
See ya!

Captainでした。

2019.11.25 【英語学習?】 頭文字言葉にも種類があるって知ってる?

どもどもCaptainでっす。

もう12月も目前。一年あっという間っすね、ホント。アメリカだと感謝祭が11月の第4木曜日にあって、その翌日はブラックフライデーと呼ばれるクリスマス商戦の始まりみたいな金曜日があります。フィリピンではなかったような? ネットだと何かを売っている大手になるとどこもブラックフライデーセールやってますね。日本でもAmazonが今年から始めてますけど、なぜに一週間早い金曜日に?

今や日本でも使っている人が多い中国の通販サイトAli Expressでもブラックフライデーセールやりますね。いいのかな英語圏の文化なのに…(笑)

前にもブラックフライデーネタで書いたかもしれませんが、僕が知ったのは音楽関係のソフトウェアのブラックフライデーセールがきっかけでした。音楽系のソフトは基本的にダウンロード販売が多く、シリアルキーを渡すだけなので開発費を除外すれば原価はほとんどかからない訳です。なので売れるときに売る。半額は当たり前。1つ買えば同じ価格帯の商品もう1つとか。

これは前に書いたと思いますけど、BOGOFっていう頭文字を並べた言葉。Buy One Get One Free(1つ買えばもう1つ無料!)の頭文字をとってるんですね。Webの販売サイトでは結構見かけます。

で、今回はこの頭文字を並べた言葉について、意外と知らないんじゃないかと思うネタがあるので書いていこうと思います。

Acronym

BOGOFの場合はちょっと僕もわからないので、例えにできないので、NASAを例えにしましょう。そう日本語で「ナサ」ですね。英語でも単語の様に発音します。

NASAやJAXAのように頭文字を集めた文字列を一つの単語の様に発音するものをAcronymっていいます。

なのでU.S.AはAcronymではないです。「ウサ」とか読まないですよね?

USAと言えば、焼酎飲む方は「いいちこ」知ってると思います。セブに住んでて、今はカナダに移住した友人が焼酎気に入ってたので、お土産でちょっといい「いいちこ」を買っていったんです。いいちこって大分県の宇佐市で作られてるんです。英語で書くとMaid in Usa. これを友人はアメリカ製だと思ったんですね(笑)

Hey Capt. The Shochu you gave me as a souvenir was soooo nice. It’s maid in U.S.A. , right?(ヘイ キャプテン! お土産にくれた焼酎ちょー美味しかった!アメリカのやつでしょ?)
Nooooooo! It’s not U.S.A but Usa. Usa is a city in Japan!(違う違う! U.S.Aじゃなくて宇佐! 日本の市だよ)

っていう一幕がありました。

ちょっと話が反れてしまったので、戻します。

Abbreviation

じゃあU.S.A.みたいなのは何ていうか。Abbreviationって言います。

FBIとかCIAとかもAbbreviationです。

メールやSNSでもAbbreviationは頻出だったりします。気が付かないうちに使ってるかも?

BTW

これは僕もとてもよく使います。

By The Wayの頭文字をとったAbbreviationですね。ビー ティー ダブリューとしいて発音するならするやつ。

ASAP

これはAbbreviationって僕はセブに留学してるときに習いました。でも読み方は「エイサップ」なんですよね。そうするとアルファベットで発音してるわけじゃないのでAcronymなんじゃないの?とも思うんですけど、僕が留学してるときは頭文字をあつめた言葉はAbbriviationなんだと思ってたのでAcronym知らなかったんです。なのでティーチャーに聞き忘れてしまいそのままに。

もし、これを読んでいる人でこれから留学するとか、今英会話を習っているっていう人がいたら聞いてみたら面白いかも?

Would you teach me ASAP is abbreviation or acronym?(ASAPってabbreviation?それともAcronym?)

最後にもう一つ。

Bacronym(Backronym)

これは会話のネタにはなるけど、ジョークの類なので真面目な会話では使いません。

BacronymとかBackronymって言われるのがあります。

例えばYOLO。

そうYOLOL Englishにも入っているYOLOです。

You Only Live Onceの頭文字を取ったAcronymですね。でもこれに新しい意味を付けちゃう人もいるんです。

You Obviously Love Oreos. (オレオ大好きでしょ!)Urban Dictionaryにあります(笑)

本来のAcronym、Abbreviationの意味ではなく、新しい意味を与えたものをBacronymとかBackronymっていいます。

YOLOL Englishでレッスン受けるときにYOLOLの意味は?って聞かれることがあるかもしれません。そしたらこう答えてあげましょう。

Do you know the meaning of YOLOL?(YOLOLの意味知ってる?)
Of course! You Obviously love oreos and laugh out loud, right?(もちろん! 君オレオ大好きだよね と 爆笑でしょ?)

きっとウケます(笑)

まとめ

今年も残すところあと一か月とちょい。今年の年末もコミックマーケットにて僕の参加しているサークルface to faithが出店します。12月30日月曜日 西地区 ”G” ブロック 21bです!
お面と風景の一風変わった写真集とか僕の撮影した写真のプリントとか、お面の型紙なんかもあるかも?気になる人はコミケに来てみてください。

昨年末のコミケで販売した写真集第一弾「Preview」はBOOTHに通販もしてます!

https://f2f.booth.pm/

それでは今回はこの辺で。
See Ya!
Captainでした。

2019.11.05 【英語学習?】 ながら見で英語耳を鍛える

どもどもCaptainでっす。

最近めっきり寒くなった感じですが、皆さん以下がお過ごしでしょうか? 気が付けばもう11月っすよ。来年はセブの夏の間にセブ行きたいんですけど、行けるかなぁ…。

コラムを始める前にちょっとお知らせ。というか宣伝。

お面と自然のちょっと変わった作品を作っている所属サークル face to faith、年末に有明ビッグサイトで開催されるコミックマーケット97に当選しまして、12月30日 月曜日 西地区 ”G” ブロック 21bにて新しい写真集とポストカードを頒布予定です。年明けにはBOOTHで通販やると思うのでそちらも是非。

英語耳の鍛え方

さて、今回のコラムは「勉強するぞ!」と気合いれてやる英語学習ではなく、何かしながらでも出来る英語耳を鍛えるにはどうすればいいのかについて書いていこうかなと思います。

その方法とはズバリ

YouTubeのながら見

最近PCで作業をしながら、情報収集も兼ねて3Dプリント関係のYouTubeチャンネルの動画を流しっぱなしにしてるんですけど、コレが意外と英語を聴くという事に慣れるのに適してると感じたので、紹介しようと思った次第。

この方法のメリット

・お金がかからない
・何か別のことをしながらでもYouTubeが見られればOKとお手軽
・TVショー並みに綺麗な発音からちょっと聴き取りにくい発音までバリエーションが超豊富
・頻繁に出てくる口語が覚えられる

お金がかからないのは当然ですね。YouTubeですから。ただ広告が入るだけ。パケット代に関してはカウントしません。動画見るならモバイル通信じゃない時にしときましょう。電車で移動時はちょっと難しいっすね。

別のことをしながらでもOKというのはPCに限るかな? スマホのYouTubeアプリだと有料のPremiumに加入しないとアプリをバックグラウンドに回しちゃうと動画停止しちゃいます。

PCで仕事してるときとか、ブラウザでYouTubeの動画を再生してれば次々と関連した動画が再生されていきます。ブラウザをバックグラウンドに回しても問題なし。これが僕のやってるスタイル。ブラウザでYouTubeの動画、他のアプリで作業というスタイル。もちろんブラウザを使ってもタブがアクティブでなくても動画は再生されるので調べものも問題なくできます。

個人的にオススメなのは情報系のチャンネル。興味のある事のハウツーものとかのチャンネルがいいと思います。あくまでもBGV、BGM代わりに英語を聴こうというスタイルなので言葉のないチャンネルとかはやめときましょう。

発音に関してはチャンネルは誰でも作れるので、クオリティにも差があるわけです。たぶんコレが一番のメリット。関連した動画が連続で再生されていくので、特定の単語が何度も出てくると思います。それをいろんな国の人の発音で聞けるのでバリエーションに慣れることができるという訳。

いろんな人の動画で出てくるフレーズは日常的によく使われているフレーズな可能性が高いです。なので自然とネイティブの使う英語に耳が慣れていくことになります。

この方法のデメリット

・気になる動画に見入ってしまうことがある
・中級者レベルくらいでないと、聞き取れる言葉がほとんどなくて苦痛に感じてしまうかもしれない

1つ目は仕事がはかどらなくなる可能性があります。「お?なんか気になるネタの動画だな」と思って確認しちゃうと最後まで見ちゃうとか。

英語のYouTubeチャンネルは基本的に英語を話す人向けのスピードでしゃべってます。そりゃそうですよね。日本語のYouTubeチャンネルだって普通に会話するスピードですもんね。なので英会話を勉強し始めたばかりの人にはキツいかも。それでもスピードを落としちゃうのはあまりオススメできないです。なぜかというとこの方法の目的は英単語の発音って思ってるよりも早口で言ってるぞというのに耳を鳴らすことだから。

僕が感じただけかもしれないんですけど、教材とか、辞書アプリとかの単語の発音はかなりゆっくりです。これに慣れてしまってると会話で知っているはずの単語が出てきても分からないということになっちゃいます。CNNとかネイティブ向けのニュース番組を見て、何を言ってるかわからないというのも、勉強で出てくる英語とスピード域が違うからというのが大きな理由だと思います。

耳がネイティブのスピードに慣れてくればTOEICのリスニングとか余裕です。後は言い回しとか単語を知っているかどうかになります。

まずはやってみて!

何かしているときに、後ろで流しっぱなしにしてればいいので、時間を無駄にすることもないのが、今回紹介したメソッドの特徴。とりあえず試してみてほしいです。最初は何言ってるかわからなくても知ってる単語とかいくつかは耳に入ってくると思います。「あぁ、この単語ってこんな風に発音してるんだ」というのが繰り返し耳に入ってくるので知らず知らずのうちに英語を聞き取る耳が鍛えられるはず。

まとめ

日本語の情報が少ないので英語の情報をあさっているうちに、英語耳が鍛えられてないか?と気が付いて、どうしてかと考えてみたら今回紹介したながら見が思い当たりました。

ながら作業に慣れてないと、ちょっと慣れるまで時間がかかるかもしれないですけど、音楽を聴きながらなにかしてるのと同じ感覚でやればOK。日本語のテレビ番組を流しっぱなしで何かしてるのと同じ感覚で、うっすらと動画の内容を理解できれば成功かな?

それでは、今回はこの辺で。
See Ya!

Captainでした。

2019.10.21 【英会話】外国人に日本の地域を伝えるにはどう言えばいい?

地図データ:SK telecom、Google

どもどもCaptainでっす。先日の台風19号。セブに住んでいるフィリピン人の友人の耳にもニュースが届くほど海外にも知れ渡っていたみたいです。その前の15号もそうでしたが、日本人よりもフィリピンの人は台風の都市直撃は恐ろしいことと捉えているみたいで、安否確認がFacebookやらLINEやらでたくさん来ました。確かにこのところ、住んでいる付近で道路が冠水するってことはほとんどなかったんですけど、今年は冠水してたので、例年よりも危ない状態だったとは思います。

今回のように「(台風の被害)大丈夫?」と聞かれたときに僕は英語でこう答えるようにしています。

I’m alright. We, I mean Japanese, are inured to typhoon.(僕は大丈夫だよ。僕ら日本人は台風には慣れてるから。)

慣れるというと

used to ~

で~に慣れているというのが学校で習う言い回しだと思います。でも今回のようなケースではあまり適しません。困難なこととかに対して耐性がつくようなニュアンスの場合はbe inured to ~が適してると思います。inuredの方は多少文語ちっくな感じもあるので、英会話の場合はused toを使っても大丈夫です! 会話に近いメッセンジャーやLINEはinuredの方がいいかなという感じです。どっちでも通じますけどね。

関東とか関西を外国人に伝えるにはどう言えばいい?

他国の自治体の分かれ方って知らないですよね?ぶっちゃけ千葉県をフィリピン人に言っても知らないわけですよ。英語ではChiba prefectureだからchibaというprefectureがあるんだなとしか伝わりません。関東なんて言ったらなんて英語でいうのかよくわからないですよね?

僕がよく使うのは外国人でも知っている土地名を含めた言い回し。これは結構便利なので覚えておいて損はしないと思います。

関東だったらTokyo area、関西だったらOsaka area。これで東京の周り一帯なんだ。大阪の周り一帯なんだとイメージしてもらえます。日本の自治体の分かれ方を知らない人たちにとっては関東に含まれるのが何県であってもあまり意味がないんですね。だってイメージできないんですから。なので誰でも知ってるであろう都市の周りって言っちゃえばいいんです。日本にすごく詳しい外国人なら向こうから詳細な地名が出てきます。

漠然と伝えて、相手の出してきた情報に合わせて、こちらの出す情報の精度も調整してあげるといいかと。

フィリピン人に日本のとある都市(観光地)の場所を説明するには?

日本に何度も来ていて、電車での都内移動も慣れたものなフィリピン人でも都道府県はあまり意識してないみたいです。大きな都市名の方が知られてますね。あとは米軍が関係している地名。なので説明をするときはTokyo、Osaka、Sapporoなどの大都市の名前を出してあげるといいです。米軍関係者と食事したときはYokotaに昔いたんだよとか言われてこっちがビックリしました(笑)

たぶん僕の知っているフィリピン人だけでなく、ほとんどの来日する外国人がディズニーリゾートも成田空港もTokyoにあると思ってます。なのでそれくらいの大雑把な感覚で話をしていった方が相手もイメージしやすく話の流れがおかしくなることもないってわけ。正確に説明しだすと地図でもない限り無理なので。

フィリピン人の知っている日本の都市

Tokyo、Osakaはまず知っています。次いでHokkaido(Sapporoは微妙なとこ)、Nagoya、Fukuokaあたり。OsakaはUSJのおかげもあるかもです。フィリピン人が日本にくるとディズニーリゾートよりもUSJに行きたがります、マジで。Hokkaidoは雪への憧れでしょうね。実際にHokkaidoに行ったことあるフィリピン人はSapporoに滞在することが多いんでしょう。Sapporoも通じます。あとは定額で新幹線も乗れる外国人向けパスのおかげでNiigataも通じますね。来日外国人が気軽に雪を見たいと思ったら新幹線で新潟行っちゃうのがリーズナブルなのかも。

ちなみにreasonableは英語の場合はこの単語だけでは通じません。reasonable priceのようにする必要があります。一方でaffordableは単語単体でreasonable priceと同じ意味を持ちます。個人的にはaffordableをオススメ!

自分の住んでいる場所を伝えるには?

関東とか関西だったら紹介したTokyo areaとかOsaka areaでOK。でも青森とか長野とかはどうしましょう。そんなときは日本の形からどのあたりと説明してみましょう

青森とか東北だったらnorth area of main island、長野みたいな場所はmiddle area of main islandみたいに伝えれば伝わります。これで微妙な反応をされた場合は日本列島の形を把握してない相手なので、最終手段しかありません。Googleマップなりで日本列島全体が見えるようにして、指で示して説明(笑)

電波が通じないと地図が表示されないのであらかじめ日本列島の写った状態でスクリーンショットを保存しておくと説明するのに何かと便利でオススメ!

まとめ

日本人は真面目なので済んでいるとこを説明するのに〇〇県●●市の地理的場所とかを説明しがちです。正確に伝えないとと思っちゃうんですね。でも相手がそこまで求めているかというとそうではないというのが、何度もこの手の会話をして感じたことです。

埼玉県だろうと神奈川県だろうと千葉県だろうと、Tokyoでいいんです。これくらいの大雑把な伝え方の方が言い回しを考えなくていいので、会話もスムーズに続けられます。もっと気軽に話をしちゃいましょう!

それでは、See ya!
Captainでした。

 

2019.10.07 【英語学習】 星座は英語でなんて言う?

Milky way

 

どもどもCaptainでっす。

先月末に長野と新潟の県境の山で仕事があって、山登りしてきました! いやーキツかった! 普段海抜0mに近いところで生活している上に、ろくに運動してない人間がガチの山登りなんてするもんじゃないです、マジで。で、無事下山したのはいいんですけども、現場はウチから350kmほど離れてるんで、仕事終わって下山したら4時間運転して帰宅という、かなりハードでした。山岳写真の人はマジですごいなと、尊敬します。

標高の高いところは、基本的に星空が綺麗なことが多いんですけど、ここは北には新潟、南には長野の街明かりがあるので、いわゆる星空を撮影する人の言う「光害」というやつがあって、星空としては微妙だったかも? まぁ肉眼で天の川が見えるなーというくらいには見えてるので、関東の夜空に比べたら圧倒的に綺麗ではあるんですけど!

トップのやつがその時の写真だったりします。

あ、英語で天の川はMilky way。これはみんな知ってますね。じゃあ星座は英語でなんて言うか知ってますか?

これ、僕もつい最近まで勘違いしてました。今回は星空というか空に関する英語って感じで書いてみようと思います。

星座は英語でなんて言う?

これは2つあります。

・星占いで使う星座
・夜空にある星座

When is your birthday?(誕生日いつ?)
My birthday is Aug 24th.(8/24だよ)
So, your zodiac sign is Virgo, right?(じゃあおとめ座だ)
Yeah.(うん)

という話の流れで出てくる星占いで使う星座はZodiac signと言います。
でもカシオペア座とかオリオン座とか北斗七星みたいな夜空にある星座は違います。

constellation

これが空を見上げて見ることができる星座。しし座とかも夜空にあるときはzodiac signではなくconstellationを使うので注意しましょう。

How many constellations in winter night sky do you know?(冬の星座ってどれくらい知ってる?)
Um… Orion, Gemini, Taurus, and Canis Minor… That’s all.(んー、オリオン座、ふたご座、おうし座、こいぬ座、これくらいかなぁ)

星占いでは星座ごとに特徴がありますよね、自分の星座に関して調べてみただけですけど、英語でも日本語でもだいたい同じようなこと言ってるなぁという感じなので、英語で自分の星座のことを調べておくと英会話のネタにできるかも?

流れ星は英語でなんて言う?

これは知ってる人多いかな?

shooting starですね。実際に出来ることはほとんどない流れ星に願い事。これは日本だけじゃなくて、英語圏でも同じだったりします。というか、英語圏の文化を日本が取り入れたのかな???

流れ星に願い事をする

を英語にするとこうなります

Wish on a shooting star.

Hey! Look! Shooting star! But I can’t wish on it.(ねぇ、見て!流れ星! でも願い事間に合わなかった…)
You’re still better. I haven’t seen it.(まだマシでしょ、僕流れ星見えなかったもん)

shooting starは光って流れるものなら何でも当てはまっちゃいます。極端な話、人工衛星の部品が脱落して大気圏に突入してきて燃えちゃっても見た目は光が流れているだけなのでshooting star。一般的には隕石が大気圏に突入してきて光るのがほとんど。じゃあ隕石は英語でなんて言うか分かります?

meteor

これが隕石を表す英語です。ゲームとか映画好きな人なら知ってるかな?RPGだと魔法の名前にありがち(笑)

人工衛星は英語でなんて言う?

次は夜空に関わるもので、身近なものということで人工衛星。

satellite

正確にはsatelliteは衛星なので、地球唯一の衛星である月もsatelliteと言えちゃいます。正確に言うなら人工衛星はartifical satellite。まぁ話の流れでsatelliteで通じます、はい。

ちなみにみようと思えば肉眼でも見えないことはないISSはsatelliteじゃありません。あれは日本語で国際宇宙ステーションと言うように、拠点。英語はInternational space station。日本語は直訳です(笑)

Hey! Look! Shooting star!(ねぇ、見て!流れ星!)
Um…? Ah, that’t not shooting star. That’s ISS.(ん? あーあれ流れ星じゃなくてISSだよ)
Really?(マジ?)
Yeah. That’s too slow. Shooting star moves faster than that.(うん、あれ遅すぎるもん、流れ星はもっと速いよ)

衛星放送の衛星もsatelliteです。BS、CSのSはsatelliteのS。BSはBroadcasting satellite。CSはCommunication satellite。まぁ英会話でこのあたりがネタになるなんてことはないと思います。特にセブだとケーブルテレビが主流な印象なので、衛星放送が出てくることはないんじゃないかなと思ったり。留学時もその後セブに行ったときもホテルとかでTVほとんど見なかったのであんまり詳しくないです、ゴメンナサイ。
といった感じで今回は空、特に夜空に焦点を当てて紹介してみました。星座なんかは英会話のネタにもなると思うので、自分の星座を調べてみるのもいいかもですね。

それでは、See ya!
Captainでした。

2019.09.17 【英語学習】 秋に関する英語を覚えちゃおう!

Red leaves of Japan

どもどもCaptainでっす。

こないだの台風で僕の住んでる千葉県は被害が大きくて、「千葉県在住」ということだけ知ってる友人から安否確認されまくりました。僕の住んでいるあたりは雨量と風はかなりでしたけど、無事でした。去年も台風の影響で紅葉が塩害にあってイマイチだったんですけど、今年もダメかもしれないなぁ…という感じでガッカリ。

さて、セブには秋はないけれど、日本はだいぶ秋めいてきてますね。今回は秋にちなんだ英語をまとめて紹介しちゃいます!

fall?autumn?どう違う?

まずは「秋」ってみなさんは英語でなんて言いますか?

fall?autumn?

どっちも正解。じゃあこの2つの違いは知ってますか?

違いは実は簡単。主にイギリスで使われるのがautumnで北米ではfallがよく使われます。

フィリピンはアメリカの影響を受けているので、基本的に秋はfallです。僕は個人的にはautumnの方がリスニングで間違えないのでこっちを使いがちなんですけども、アメリカンイングリッシュぽい話し方をしているのに使っている単語がイギリス英語のってのはどうかと思って、最近はfallを意識して使うようにしてます。

red leaves

これはなんのことでしょう????

そう、「紅葉」です。あ、漢字だと分かりにくいですね「こうよう」の方です。「もみじ」とも読めちゃうから面倒ですね(笑)

場合によってはyellow leavesとすることもあります。イチョウみたいな全部黄色になるような木が一面にあるような時はyellow leavesの方がいい感じ。でも基本はred leaevsでOK。

autumn leavesとすることも。これはautumnが入ってるのでイギリス英語の言い方なんだと思います。少なくとも僕の知り合いのセブのフィリピン人達はred leavesでした。

maple

「もみじ」「かえで」どっちもmaple。

ただし、日本のもみじ、かえでは英語圏のものとは種類が微妙に違うのでJapanese mapleとすることが多いみたいです。この手の細かい分け方は話が混乱するので、紅葉してる木の種類は聞かれるまで話に出さないようにして、read leavesやautumn leavesとしておくのが無難かと。

外国の人はcherry blossomsは分かります。当然ですね。でも八重桜とかソメイヨシノとか言っても分からないですよね、たぶん。だからcherry blossomsあたりにしとくのがいいよという話です。

turn red/yellow

「紅葉する」というのは、つまるところ赤く色づいたり黄色く色づいたりすることなので、turnを使います。

〇〇の秋

これ日本ローカルなので、外国の人には通じないです。英語表現がないので、伝えたい場合は結構苦労します。

Fall is the best season for 〇〇, because ~.

~だから秋は〇〇に一番いい季節なんだ

という感じで理由も一緒に伝えないとならないんです。
まとめ

個人的に使い勝手がいいのはred leavesです。これはまず英語を話す人には通じます。インスタとかfacebookに「Red leaves!」とか書いて紅葉の写真載せれば100%伝わります(経験者は語る)。

日本の秋の風景、特に山間部が一面紅葉するようなやつは日本だからこその美しさがあると思います。日本人だって紅葉の時期は観光地に行きますよね。セブのように四季がないとこの人からすると、春の桜、秋の紅葉、冬の雪はかなり魅力的に見えるみたいです。でも雪はセブの人には気温的に厳しいので、あまりオススメしないほうがいいかも(笑)

オススメするときに自分ならどうやって相手に伝えるか、英語で考えておくといろいろな場面で使えて便利です!是非やってみてください!

それでは、この辺で。See ya!
Captainでした。

YOLOL PICK UP CONTENTS