YOLOL CAPTAIN COLUMN - You Only Live Once -

2019.10.07 【英語学習】 星座は英語でなんて言う?

Milky way

 

どもどもCaptainでっす。

先月末に長野と新潟の県境の山で仕事があって、山登りしてきました! いやーキツかった! 普段海抜0mに近いところで生活している上に、ろくに運動してない人間がガチの山登りなんてするもんじゃないです、マジで。で、無事下山したのはいいんですけども、現場はウチから350kmほど離れてるんで、仕事終わって下山したら4時間運転して帰宅という、かなりハードでした。山岳写真の人はマジですごいなと、尊敬します。

標高の高いところは、基本的に星空が綺麗なことが多いんですけど、ここは北には新潟、南には長野の街明かりがあるので、いわゆる星空を撮影する人の言う「光害」というやつがあって、星空としては微妙だったかも? まぁ肉眼で天の川が見えるなーというくらいには見えてるので、関東の夜空に比べたら圧倒的に綺麗ではあるんですけど!

トップのやつがその時の写真だったりします。

あ、英語で天の川はMilky way。これはみんな知ってますね。じゃあ星座は英語でなんて言うか知ってますか?

これ、僕もつい最近まで勘違いしてました。今回は星空というか空に関する英語って感じで書いてみようと思います。

星座は英語でなんて言う?

これは2つあります。

・星占いで使う星座
・夜空にある星座

When is your birthday?(誕生日いつ?)
My birthday is Aug 24th.(8/24だよ)
So, your zodiac sign is Virgo, right?(じゃあおとめ座だ)
Yeah.(うん)

という話の流れで出てくる星占いで使う星座はZodiac signと言います。
でもカシオペア座とかオリオン座とか北斗七星みたいな夜空にある星座は違います。

constellation

これが空を見上げて見ることができる星座。しし座とかも夜空にあるときはzodiac signではなくconstellationを使うので注意しましょう。

How many constellations in winter night sky do you know?(冬の星座ってどれくらい知ってる?)
Um… Orion, Gemini, Taurus, and Canis Minor… That’s all.(んー、オリオン座、ふたご座、おうし座、こいぬ座、これくらいかなぁ)

星占いでは星座ごとに特徴がありますよね、自分の星座に関して調べてみただけですけど、英語でも日本語でもだいたい同じようなこと言ってるなぁという感じなので、英語で自分の星座のことを調べておくと英会話のネタにできるかも?

流れ星は英語でなんて言う?

これは知ってる人多いかな?

shooting starですね。実際に出来ることはほとんどない流れ星に願い事。これは日本だけじゃなくて、英語圏でも同じだったりします。というか、英語圏の文化を日本が取り入れたのかな???

流れ星に願い事をする

を英語にするとこうなります

Wish on a shooting star.

Hey! Look! Shooting star! But I can’t wish on it.(ねぇ、見て!流れ星! でも願い事間に合わなかった…)
You’re still better. I haven’t seen it.(まだマシでしょ、僕流れ星見えなかったもん)

shooting starは光って流れるものなら何でも当てはまっちゃいます。極端な話、人工衛星の部品が脱落して大気圏に突入してきて燃えちゃっても見た目は光が流れているだけなのでshooting star。一般的には隕石が大気圏に突入してきて光るのがほとんど。じゃあ隕石は英語でなんて言うか分かります?

meteor

これが隕石を表す英語です。ゲームとか映画好きな人なら知ってるかな?RPGだと魔法の名前にありがち(笑)

人工衛星は英語でなんて言う?

次は夜空に関わるもので、身近なものということで人工衛星。

satellite

正確にはsatelliteは衛星なので、地球唯一の衛星である月もsatelliteと言えちゃいます。正確に言うなら人工衛星はartifical satellite。まぁ話の流れでsatelliteで通じます、はい。

ちなみにみようと思えば肉眼でも見えないことはないISSはsatelliteじゃありません。あれは日本語で国際宇宙ステーションと言うように、拠点。英語はInternational space station。日本語は直訳です(笑)

Hey! Look! Shooting star!(ねぇ、見て!流れ星!)
Um…? Ah, that’t not shooting star. That’s ISS.(ん? あーあれ流れ星じゃなくてISSだよ)
Really?(マジ?)
Yeah. That’s too slow. Shooting star moves faster than that.(うん、あれ遅すぎるもん、流れ星はもっと速いよ)

衛星放送の衛星もsatelliteです。BS、CSのSはsatelliteのS。BSはBroadcasting satellite。CSはCommunication satellite。まぁ英会話でこのあたりがネタになるなんてことはないと思います。特にセブだとケーブルテレビが主流な印象なので、衛星放送が出てくることはないんじゃないかなと思ったり。留学時もその後セブに行ったときもホテルとかでTVほとんど見なかったのであんまり詳しくないです、ゴメンナサイ。
といった感じで今回は空、特に夜空に焦点を当てて紹介してみました。星座なんかは英会話のネタにもなると思うので、自分の星座を調べてみるのもいいかもですね。

それでは、See ya!
Captainでした。

2019.09.17 【英語学習】 秋に関する英語を覚えちゃおう!

Red leaves of Japan

どもどもCaptainでっす。

こないだの台風で僕の住んでる千葉県は被害が大きくて、「千葉県在住」ということだけ知ってる友人から安否確認されまくりました。僕の住んでいるあたりは雨量と風はかなりでしたけど、無事でした。去年も台風の影響で紅葉が塩害にあってイマイチだったんですけど、今年もダメかもしれないなぁ…という感じでガッカリ。

さて、セブには秋はないけれど、日本はだいぶ秋めいてきてますね。今回は秋にちなんだ英語をまとめて紹介しちゃいます!

fall?autumn?どう違う?

まずは「秋」ってみなさんは英語でなんて言いますか?

fall?autumn?

どっちも正解。じゃあこの2つの違いは知ってますか?

違いは実は簡単。主にイギリスで使われるのがautumnで北米ではfallがよく使われます。

フィリピンはアメリカの影響を受けているので、基本的に秋はfallです。僕は個人的にはautumnの方がリスニングで間違えないのでこっちを使いがちなんですけども、アメリカンイングリッシュぽい話し方をしているのに使っている単語がイギリス英語のってのはどうかと思って、最近はfallを意識して使うようにしてます。

red leaves

これはなんのことでしょう????

そう、「紅葉」です。あ、漢字だと分かりにくいですね「こうよう」の方です。「もみじ」とも読めちゃうから面倒ですね(笑)

場合によってはyellow leavesとすることもあります。イチョウみたいな全部黄色になるような木が一面にあるような時はyellow leavesの方がいい感じ。でも基本はred leaevsでOK。

autumn leavesとすることも。これはautumnが入ってるのでイギリス英語の言い方なんだと思います。少なくとも僕の知り合いのセブのフィリピン人達はred leavesでした。

maple

「もみじ」「かえで」どっちもmaple。

ただし、日本のもみじ、かえでは英語圏のものとは種類が微妙に違うのでJapanese mapleとすることが多いみたいです。この手の細かい分け方は話が混乱するので、紅葉してる木の種類は聞かれるまで話に出さないようにして、read leavesやautumn leavesとしておくのが無難かと。

外国の人はcherry blossomsは分かります。当然ですね。でも八重桜とかソメイヨシノとか言っても分からないですよね、たぶん。だからcherry blossomsあたりにしとくのがいいよという話です。

turn red/yellow

「紅葉する」というのは、つまるところ赤く色づいたり黄色く色づいたりすることなので、turnを使います。

〇〇の秋

これ日本ローカルなので、外国の人には通じないです。英語表現がないので、伝えたい場合は結構苦労します。

Fall is the best season for 〇〇, because ~.

~だから秋は〇〇に一番いい季節なんだ

という感じで理由も一緒に伝えないとならないんです。
まとめ

個人的に使い勝手がいいのはred leavesです。これはまず英語を話す人には通じます。インスタとかfacebookに「Red leaves!」とか書いて紅葉の写真載せれば100%伝わります(経験者は語る)。

日本の秋の風景、特に山間部が一面紅葉するようなやつは日本だからこその美しさがあると思います。日本人だって紅葉の時期は観光地に行きますよね。セブのように四季がないとこの人からすると、春の桜、秋の紅葉、冬の雪はかなり魅力的に見えるみたいです。でも雪はセブの人には気温的に厳しいので、あまりオススメしないほうがいいかも(笑)

オススメするときに自分ならどうやって相手に伝えるか、英語で考えておくといろいろな場面で使えて便利です!是非やってみてください!

それでは、この辺で。See ya!
Captainでした。

2019.09.02 【セブ島】 あの刑務所が舞台の番組がNetflixに!

どもどもCaptainでっす。

今年は夏があっという間というか、最近はちょー暑いというほどでもない感じになっちゃいましたね。なんか雨がちな感じで、野菜とか大丈夫なんでしょうかね? そういや去年は台風が直撃しまくってましたけど、これからの台風シーズン、あまり日本に近づかないでほしいところです。

そういや3月くらいにセブに行こうと思ってて、仕事が忙しくなって行けず。今月末あたりからはなんとかスケジュールも余裕ができてくるんですけど、なんといつもセブでお世話になってる友人が奥さんと日本に来ちゃうのでセブに行ってもあまり面白くない…(笑)

という訳で来年の1~3月あたりでセブに行きたいなーと考えております。2015年に初めてセブに行って以来、まる1年行かないってのは初めてだったりします。なんだかんだで去年も2回行ってるし。

あの刑務所がTV SHOWに!

さて、今回はセブ島を舞台にしたTV SHOWを紹介しておこうかと思います。しかもセブ島の刑務所が舞台。

皆さん聞いたことありますかね?囚人がマイケル・ジャクソンの曲をバックにダンスする刑務所。

実はセブ島の刑務所CPDRC(Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center)のことなんです。

 

上のYouTubeの動画が本物なんですけど、これを舞台にした番組がNetflixオリジナルで配信されてます。

「かくも楽しきムショ暮らし」というタイトルなんですけど。これリアルなセブの街並みとかが映ってるんで、セブに行ったことない人は雰囲気を感じられます。行ったことある人は、見おぼえのある街並みが出てきたりしてさらに楽しめます(笑)

セブのフィリピン人はローカルの人同士の会話では基本的にセブアノ(ビサイヤ)を話します、この番組ではインタビューというか撮影スタッフと絡むとことかはきちんと英語を使ってくれてますが、ローカルな場面ではセブアノが出てきます。

今は一般公開してない

実はCPDRCは、このダンスを一般公開していたんですけど、今は行われてないんですね。なので、この番組結構貴重です。

フィリピン人の英語の綺麗さを実感してほしい

僕はフィリピン人の英語ってとても聞き取りやすいです。アメリカ相手のコールセンターがフィリピンにあるのもほとんどの人が英語を話せて、綺麗な英語を話す人が多いというのも理由の一つだと思ってます。人件費の安さってのもあるんだとは思いますけどね。でもコールセンターはアメリカ相手なんで時差の関係で夜間勤務になることもあってサラリーが高いのでセブでは人気の職業っていう話を以前英語学校の講師をやっていて、コールセンター勤務に転職した友人から聞きました。

この番組見てると、そうそうこれ! セブ島で耳に入ってくる英語ってこれだよね!と思います。

まとめ

セブ島未経験の人に是非見てほしい番組です。この番組では英語学校の講師ではない普通のフィリピン人が出てくるので、学校ではこれより綺麗な英語でレッスンを受けることができます。アメリカのTV SHOWを見るよりも英語が聞き取りやすいんじゃないかなとも思うんですけど、これは僕がフィリピン人の英語に慣れ過ぎてるという面もあるかもしれません。

英語がかなりの部分を占めた番組なので、セブアノ分からなくても大丈夫かと思います。まずは字幕なしで、自信がなかったら英語字幕で見てみましょう。

映像だけでもリアルなセブを見ることができるので楽しいんじゃないかなと思います!

それでは、今回はこの辺で。See ya!
Captainでした。

2019.08.19 【英語学習】 英会話でよく出てくるフレーズを紹介しちゃいます!

どもどもCaptainでっす。

5月あたりからウイークデーはほぼ山梨か長野という状態で仕事が入ってたんですが、ようやく落ち着いた感じです。春~夏にかけては環境調査の対象になる野鳥の繁殖期にあたるので、フリーランスの僕も声がかかるんですが、これからは落ち着くので冬に出すface to faithの写真集第二弾に向けて撮影を進めていこうかなと思ってます。ホントは先週有明ビックサイトで開催されたコミックマーケットで販売するべく準備をしてたんですけど落選してしまったので…(笑)

コミックマーケットの代わりではないですが、今週末、8/25に開催されるコミティアという創作系イベントに出展します。ブース番号は「 た34b」。昨年末にリリースした一風変わったお面と風景の写真集「Preview」とフォトカードを持っていきます。お時間のある方は来てみてください。いわゆる同人誌即売会なんですけども、コミティアはオリジナルのコンテンツに限るという条件があります。会場はビックサイトなんですけども、国際展示場駅前の本館ではなく、りんかい線「東京テレポート駅」前の青海展示棟となってます。

さて、前回のCaptainコラムではフォニックスについて書きました。今回は気軽な内容で。僕は海外ドラマもよく見るんですけど、そこでやたらと耳にするフレーズを紹介してみたいと思います。

as you can see

あ、いきなり海外ドラマじゃないやつで頻出のもの選んじゃいました…(笑)

これはドキュメンタリーでちょー出てきます。僕がやたらと耳にしたのは自動車のカスタム業界のTVショー番組「inside WestCoastCustoms」。

一連の作業場面とかの映像を流してから人物の話が入るときにかなり出てきます。意味としては「ご覧のとおり」「見てのとおり」。

これはビジネスシーンでも問題なく使えます。例えばプレゼン。資料をスクリーンで見せてから

As you can see from this ●●(見せた資料), ~.
(●●から分かるように、~です。)

このフレーズ。実はまだ資料を見せてなくても使えます。「たぶん見ればわかると思うんだけど」というニュアンスでも使えます。便利!

keep one’s fingers crossed

これも「inside WestCoastCustoms」から。TVショーなのでスケジュールが遅れそうとかよくあるわけです。淡々と作業してるだけで納品とか面白くないですからね。で、かなりの頻度で時間が足りないって感じになる訳ですよ。というわけで「●●することを祈ってるよ」っていう意味で使うのがこれ。

英語圏っていうかキリスト教の文化なのかな?幸運を願う時にするジェスチャーがあります。中指を人差し指と交差させるのがそれ。映画や海外ドラマでもよく見ます。セブでやってるとこ見たことあったかな?

日本でいうと、宝くじを買って「当たって!」って祈るときとかにやる感じですかね。教会で祈るようなガチなやつではなく、もっと気軽な感じ。

幸運を祈るっていうのは、日本語の「頑張って!」という応援にも使えます。実は英語には「頑張って」っていう言葉ないんですね。cheer upは頑張ってじゃないです、「元気出して!」に近い感じ。

なので日本語で「頑張って」と言いたいときにはなんていうかというと「幸運を!」という意味合いのフレーズを使います。

I’ll have an interview tomorrow.(明日面接なんだ)
I’ll keep my fingers crossed.(幸運を祈ってるよ(頑張って))

って感じで使います。他に同じ意味合いで使えるフレーズとしては

Good luck!
(I believe) You can do it.
Do your best.

って感じのがあります。keep one’s fingers crossedのfingers crossed部分はキリスト教の宗教観に基づいて指を交差させたのを十字架に見立ててますけど、僕が使っても変だとか言われたことないので、キリスト教徒じゃなくても大丈夫ぽいです。

see you ●●

さよならって英語ではgood-byですよね。でも英会話ではまず使いません。映画や海外ドラマとかネイティブの英語とかで一番出てくるのがSee you.

これって前にもコラムで書いたかもしれません。でもまとめて書いた記憶はないので、まとめちゃいましょう。

例えば英語留学でレッスンが終わっても学校内で会う可能性があるとき。

See you around.

を使います。訳しちゃうと「またね」「じゃあね」になるんですけど、近くでまた会いそうなときはコレを使います。

See you soon.

LINEなどのメッセンジャーやtext、emailで会う約束をしたときなんかはこれ。近いうちに会うことが決まってるときに使います。

See you later.

これは日本でも習ってますよね?「また後で」って感じですね。これは時系列的に今より後に会うことが決まってるときに使います。翌日の場合はSee you tommorow.になるので同じ日だけど、今より後って感じですね。

See you on ●●( at 〇〇).

●●は曜日とか日付とか次に会う時が確定してるとき。〇〇は次にあう場所とか時間が確定してるときに使います。

Take care(always).

これも「またね」って意味で使います。「また会う時まで元気でね」っていう意味が近いかな?

Keep safe(always). Stay safe.

これもTake careと似たような感じかな?

「またね」の使い方ができるフレーズはいろいろありますね。たいていはSee youの後ろに少し詳しくする単語を付け加える形なのでまとめて覚えてしまいましょう!

まとめ

ちょっとした会話でも使えそうなやつを選んでみたんですけど、かなりの頻度で出てくるので自分でもちゃんと発音できるようにしておきましょう。でないと聞き取りに苦労しちゃいます。

自分が話せない音は聞き取れない

これをいつも頭の片隅に。

使いたいフレーズを見つけたらネイティブの発音、単語単位ではなくてフレーズでの発音を真似しましょう。どうやって音が繋がってるのがも意識して。

上手く自分で発音できなくても、真似することが大事。このフレーズはこういう音なんだって覚えるんです。そうすることで音を聞いた時にフレーズ(単語)として頭のなかで理解できるようになります。単語単位の発音とフレーズに入ったときの発音はかなり異なってることが多いので、単語ばかり勉強してても聞き取れないんですね。フレーズに入ったときの音を知らないから。

という訳で今回は会話で頻出のフレーズを紹介してみました。

それでは、See you on Monday after next!
Captainでした。

2019.08.05 【英語学習】フォニックスって知ってますか?

どもどもCaptainでっす。

梅雨が明けてからというもの暑いですねぇ…。ひと月前は北山梨の仕事でダウン着てたとは思えない暑さです。先週末も北山梨で仕事だったんですけど、日中日向に立っているだけで汗が出てくるレベルでヤバかったです。今日から4日ほど同じとこで仕事なのでちょっとビビっております(笑)今週の4日が終われば環境調査の仕事もひと段落。今月後半に少しと来月前半に一週間ほどで今年の環境調査のバイトも終わりとなります。まぁ下手すると12月から来年に向けての調査が入ってくるわけなんですけどねっ!

さて、今回は英語の発音について

フォニックスって知ってますか?

多分英会話の勉強ではあまり聞かない言葉だと思います。実際僕は留学中に聞きませんでした。英語学校によってはもしかしたら出てくるかも?フォニックスってなんぞ?というと英語の綴りと音を覚えること。どういうことかと言うと、日本語は「あ」と書いたら発音は一つです。「か」だって同じく一つ。でも英語の場合はアルファベット1つに対していろいろな音があります。

フォニックスは英語圏の子供が言葉をどう読むのか(発音するのか)を勉強する方法だったりします。

https://aiueophonics.com/index.html

このページを見てみてください。日本の子供向けのフォニックス学習ページです。

英語を勉強し始めた段階でこの手の教わりかたをしていたら、カタカナ英語にはなりにくいと思います。日本で本来の発音とかけ離れたカタカナ英語が蔓延してるのは、英単語をローマ字のように読んで、無理やり日本語の「あいうえお」の発音に当てはめてしまってるからなんじゃないかなと。

発音できない音は聞き取れない

前にもこのコラムで書いてることですが、自分が発音できない音は聞いた時に単語として理解できないので、聞き取れないということになります。日本語だって聞いたことのない言葉をいきなり言われたら何て言葉なのかわからないですよね?今は「忖度」って言葉はやたらと使われるようになったので使われても理解できると思います。でもニュースとかで取り上げられる前はどうでしょう?聞いても何のことか分からなかったと思います。

これと似たようなことが英語でも起きてるわけ。アルファベットの綴りと音が一致していないのが一つ。英語で頻出の単語の最後と次の単語の頭がくっつくliaisonを意識していないのがもう一つ。

この二つが大きな理由だと思います。

liaisonは今回のこととはあまり関係ないので、気になる方は過去にliaisonについてコラムを書いてるのでそちらを読んでみてください。

【英語学習】単語じゃなくて繋がりを意識

で一つ目のスペルと音が一致していないという点。これはフォニックスである程度解決できます。

さっき紹介した「あいうえおフォニックス」でいろいろなページを見てみてください。例えば「ur」「ir」「er」が暗い「あー」として出てきます。こんな感じで英単語ではなく発音のパターンと綴りを覚えていくと単語ごとに発音を覚えていくよりも効率がいいです。それと見たこともない単語が出てきてもこの綴りが入ってるからこう発音するのかな?と予測もできます。

聞いたことがない単語を言われて、こういうスペルかな?と推測できるようにもなるので、あとでこっそりと英英辞典で調べることもできます!(笑) 英語がネイティブレベルじゃないと相手が分かってれば、その場で聞いちゃえばいいんですけどね(笑)

真似は大事

英語を聞き取れるようになるためには、知らない単語を相手が使ったら意味を聞くのも大事ですけど、こうやって発音するの?と真似してみて発音も確認してもらうのも大事だったりします。日本語の意味やスペルは分からないけど、発音と英語での意味は分かる。英会話で使うには十分だと思いません?日本人相手に日本語で伝えないといけないときにはじめて日本語の意味を調べたっていいと思います。

知らない単語が出てきたら、音を真似てみる。そして意味を教えてもらう。自分で正しく発音できるようになってれば次からは聞き取れると思います。

発音できるようになったら、どういうスペルなんだろうと考えてみましょう。フォニックスで音とスペルを覚えていればある程度は推測できるはず。辞書やネットで確認して正しいスペルを覚えれば、聞いた音、発音した音、スペルとが自分の経験として蓄積されます。聞く、話す、読む、書く全部で使えるようになるって訳です!

まとめ

フォニックスという教育方法(学習方法)は最近まで知らなかったんですけど、いろいろ調べてみるとなるほどなーという部分が多いです。日本語にあいうえおがあるように英語にはabcだけでなく特定の綴りに対応した音があります。日本語の基礎が「あいうえお」だとしたら英語の基礎は「abc」だけでなくフォニックスも同じように考えるべき。

あいうえおフォニックスのWebページYouTubeチャンネルの動画は主なターゲットが子供なのでとてもわかりやすいです。英会話のとっかかりとして大人が勉強するのもありです。特に日本人は正しい発音じゃないとダメと思っている人が結構多いので、こういうページで学習しておけば海外に留学しても英語を使うことの抵抗が少なくなるんじゃないでしょうか。

ちなみにフォニックスはPhonicsと書きます。英語圏の教材を探してみるのもありかも?

それでは、この辺で。
See Ya!
Captainでした。

2019.07.22 英語で書かれた情報を活用しよう!

どもどもCaptainです。

もうすぐ8月だというのにまだ梅雨明けの気配すらないですね。毎年ひまわりが見事な場所があるんですけど、そこは8月頭の花火大会の観覧席としても使われる場所でもあって、今年は咲くのを待たずに刈らないとならないなんてことになりそうだという話を聞きました。友人たちとやっているFace to Faithというサークルがあって、主な活動はちょっと変わった写真集の制作。紫陽花をネタにしようと6月末に撮影に出向いたんですけど、千葉県の紫陽花の名所も例年より遅かったみたいで、もう終わりかけかと思って行ったら、実はまだだったという状態だったりということもありました。異常気象ってやつなんですかねぇ…。

ちなみにFace to Faithの写真集は通販もやってまして、こちらでお求めいただけます。https://f2f.booth.pm/

前回のコラムを書いたあとの話なんですけど、標高1,500mを超えるところでお仕事がありまして、雨だったわけです。梅雨ですから。まさか7月にダウン着込むハメになるとは思いませんでした…(笑) 去年も同じとこで仕事あったんですけど、7月は既に暑くて、熱中症におびえて仕事してたんですけどねぇ…(笑)

さて、今回は英語を勉強すると、こんなところでも役にたったという、僕の最近の体験を書いてみようかと思います。

正確には英語を使えるようになって、役に立ったという感じです。

新しいプログラム言語を覚えるのが少し簡単になった

ITというかIoTを仕事に使えないかと、機械学習とか回路設計とかしてたりするんですけども。新しいプログラム言語を覚える必要が出てきました。プログラム言語では英語から持ってきた単語が使われていることが多いのでスペルなんかは覚えやすいです。あとはオリジナルの情報は英語でドキュメントが書かれていることが多いので、まだやってる人が少ないような事を調べるには英語が使えるととても役に立ちます。これはプログラムだとかITだとかIoTだけでなく、いろいろなことでも言えるかと。世界中で一番使われている英語だからこそ情報も多いという訳です。

アイデアのヒントを見つけやすくなった

これも英語の情報が多いということだったりします。興味のある言葉を英語にしてGoogleで検索。動画でもWebページでも上の方の検索結果を見まくりましょう。そこからさらにリンクを辿っていけば、思いもよらないアイデアを思いつくかも!Face to Faithの作品作りで、こういうことをやりたいというアイデアが友人から出てきたときに、技術的にどうやるかを考えるわけですが、日本国内では解決の手段を見つけられなくて、海外で見つけたということもありました。まだ機材を製作中なので、まだ作品としては仕上げてないんですけど、かなり面白いものが撮れるんじゃないかと思ってます。

いろいろな国の人の英語に触れられる

これは英語学習に役に立ちます。特にYouTubeでの英語の動画視聴。How toものは英語ではとてもクオリティが高いものが多い印象です。圧倒的に英語の動画が多いからクオリティが高いものも多くなるとい言い方もできるかもしれませんけど(笑)

英語学校の講師の英語を聞くだけではなく、いろいろな人の声を聞くのはとても大事。興味のある事柄であれば単語も知っているものが多く出てくるはずなので、ビジネスニュースなんかを見るよりは難易度が下がるし、集中力も維持しやすいというメリットがあります。それとYouTubeだといざとなったら自動生成の英語字幕があるので、リスニングだけで分からなかったら字幕に頼るということも可能。

僕的には通常スピードでリスニングを繰り返してもダメだったらスピードを落とすのが第一段階。

速度を50%くらいまで落としてもダメなときは、通常のスピードに落として字幕表示。

なぜスピードを戻すのかというと、ネイティブがしゃべっている速さの字幕を読む速読の練習にもなるからです。マジで速いです(笑)

スピーチとかは聞き取りやすいようにスピードを押さえて話をしているんだなと実感できます。TEDとかゆっくりなの多いですもんね。

むかーしはネットサーフィンなんて言いましたけど、最近は何て言うんですかね?とりあえず興味があることをYouTubeで追いかけてみるのは、英語に慣れることもできるのでオススメです!

まとめ

前にも何度か書いてると思うんですけど、インターネットは英語学習の素材の宝庫です。それもほとんどが無料。自分に合った活用方法を見つけられれば、こんなんい便利なものは他にありません。動画、文章、なんでもあるので是非活用してみてください。

それでは、See ya!
Captainでした。

2019.07.08 【英語学習】 「ちょっと」は英語でなんて言う?

どもどもCaptainです。

なんか去年は7月は既に暑かった記憶があるんですが、それもそのはず、6月の終わりで関東は梅雨明けてたんですね。7月は夏だったわけで、そりゃ暑いわけだ…(笑) 本業のPhotographerの方でいろいろと実験してたりするんですけど、雨だとテストもできないので梅雨は早く明けてほしいです。今年もやってる環境調査の仕事では雨は困るんですけど、暑いのは生命の危機を感じてしまうので(熱中症的な意味で)梅雨前の気候がちょうどいいなぁとか思ったりもします。夏特有の空気感も写真に撮るには夏しかないので捨てがたいんですけどね。ぶっちゃけエアコンの効いた室内でずっと過ごすのが一番いいです(笑)

さて、今回は日本人がよく使う「ちょっと」という言葉にフォーカスしてみたいと思います。

「ちょっと」って日本人よく使いますよね。僕もよく使います。だって便利ですもん。

「ちょっと難しい」の「ちょっと」

It’s a bit difficult.

a bitとかa littleあたりが英語にするとしたらふさわしいです。でもこれだと日本語の「ちょっと難しい」の意味にはなりません。日本語の「ちょっと難しい」は簡単に言えば「できない」と断ってるわけです。でも「できない」と直接言うのは嫌なのでやんわりと遠回しに伝えてるわけですね。なので英語でも直接ではなく遠回しにする否定を使うとニュアンス的にもOKになります。

I don’t think I can ~.

I can’t ~.ではなくI don’t thinkを使うことで遠回しに言うのがポイント。直接的な否定は英語でも日本語でも同じでキツい感じになってしまいます。なのでI don’t think ~.が活躍します。

同意できない場合でも

Your idea is wrong.(あなたの考えは間違ってる)

と言うんではなく

I don’t think so.(そうは思わないな)

と言うのが普通です。日本語よりも英語の方が直接的な否定がキツく感じるイメージ。

「ちょっと!」と声をかけるときの「ちょっと」

これは簡単かな。

「Hey!」でOK。「Hey you」でも可。名前を知ってるのなら「Hey 〇〇」でも伝わりますね。

少しだけの「ちょっと」

ちょっとお腹空いたとか、ちょっとだけ好きとかの曖昧な感じの「ちょっと」になります。

これは会話では簡単

sort ofとかkind ofで大丈夫。

Do you like sweets?(甘い物好き?)
Kind of.(まぁまぁ好きだよ)

Are you hungry?(お腹空いてる?)
Sort of.(ちょっと空いてるかな)

という感じでこれだけ使っておけば曖昧だけどちょっと肯定する感じの答えになります。あ、ここでもちょっとを使ってますね(笑)

「ちょっとそこまで」の「ちょっと」

ちょっと一服なんてのも同じですね。この場合のちょっとはjustを使います。

Hey! Where will you go?(ちょっと!どこ行くの?)
Just go for a walk.(ちょっと散歩いってくる)

「ちょっと●●してくる」の「ちょっと」

少しだけの「ちょっと」と「ちょっと」の意味は同じなんですけど、英語では「ちょっと待って」で便利な言葉があるので、それを紹介しておきます。

one minute.

これで日本語の「ちょっと」の意味で使えます。「ちょっと●●してくる」って時にいつでも使えます。

One minute, I gotta go smoking.

タバコ吸うのに1分な訳ないですよね、数分は戻ってきません。イメージとしては日本語の「ちょっと●●してくる」なので安心して使ってください。

別に●●してくると付けなくてももっと定番の使い方があります。

One minute, I’ll be right back.(直ぐに戻るのてちょっと待ってて)

これなら理由を英語で言う必要がないので、便利です!

まとめ

こう考えると日本語の「ちょっと」って便利ですよね。一つの単語でものすごい意味を持っていることがわかります。

今回のコラムでは会話で頻繁に使う「ちょっと」を取り上げてみました。日常会話では特に活躍するので是非覚えて使ってみてください。

それでは今回はこの辺で。See ya!
Captainでした。

2019.06.17 【英語学習?】 英語Forumでの情報収集のすゝめ

どもどもCaptainでっす。

梅雨入りしちゃいましたねぇ…。去年はあまり梅雨の天気に悩まされた記憶がないんですけども、今年は悩まされまくり。今年は山を歩く調査もやってるんですけど、雨の中道のない斜面を歩くとか最悪っす。暑い中歩くのも嫌ですけども、雨の日はマジで最悪。去年みたいな猛暑は別の意味で大変なので遠慮したいとこ。マジで去年は熱中症一歩手前とか経験してますからね…(笑)

さて、今回のコラムは英語の掲示板について書いてみようと思います。技術畑というかソフトウェア系エンジニア向け?というとても狭い範囲だったりしますが、情報収集で英語を使わないのはもったいないよというお話。

英語はグローバル

日本語は日本でしか使われてませんが、英語は世界中で使われてます。ローカルではなくグローバルな言語です。日本国内でのみ使われているものの情報を調べるなら日本語だけでいいでしょう。日本人が一番知ってるし使ってるんですから日本語での情報が一番多いはず。でも世界中で使われているものの情報を調べるなら、英語を使わないのはもったいないです。日本語では見つけられない情報も英語だったら見つかるかもしれないんです。

英語圏の主要メディアがニュースとして取り上げるような事柄なら日本語訳が存在することも多いでしょう。それを読めばOK。でも技術系の情報は翻訳されている方が稀だったりするんです。そこで英語の掲示板(Forum)を活用しようという今回のテーマになるわけ。

僕は前に勤めていた会社でAndroidのアプリを作ったりもしてました。誰も手を付けてなかった分野だったので、当然会社に質問できる人はいません。プログラミングに関していわゆる参考書と言われる書籍を買ってみたりしても、書籍は情報がリアルタイムではないのが問題。良書と呼ばれている本であっても、時間が経てば通用しない情報になってしまうこともあったりします。

でもインターネットなら最新の情報を手に入れられる可能性があります。なんせ毎日世界中の人がアクセスしてるんですから。そして世界中の人が自分の国で情報を見つけられない場合に使うのがほとんどの場合英語だったりするわけです。何故ならネットで一番使われている言語が英語だから。日本語で検索しても解決策が見つからない。そんな時は検索キーワードを英語にして検索してみましょう。

キーワードが日本独自のものでない限り検索ヒット数が何倍にもなると思います。ここから必要な情報を見つけるのは大変かもしれませんが、最近の検索エンジンは優秀なのでトップ30くらいを見渡せば、結構ほしい情報に辿りつけるんじゃないかなと。

僕はドローンを飛ばして撮影もしたりします。でも日本語のドローンの情報って、製品のレビュー記事とかばかりで、使ってる人が困ったときの情報って意外と少ないんです。なので僕はDJIというメーカーのドローンを使ってるのでDJIのドローンの掲示板をよく見てます。


上のキャプチャ画像がその掲示板のトップページ。ぜーんぶ英語です。英語圏の人ではない人も英語で書き込んだりしてる訳です。あとは僕の本職である写真に関しても英語の掲示板なんかをよく見てたりします。新しい表現手法とか撮影技術なんかは日本発より海外発の方が圧倒的に多いから。ドローンを照明器具として使って写真を撮るドローンライティングという手法も日本じゃまだまだですが、海外では何年も前から使われてますし、野生動物や自然風景を撮るネイチャーフォトに関しても考え方や技術の情報は海外の方が圧倒的に多いんです。

必要だからこそ集中できる

必要な情報を手に入れるために英語のページを読む訳なので、興味の薄い英語のニュースを読むよりも集中の度合いが違います。間違えた解釈をしてしまうと意味がないので、自然と読み込むようになります。専門的な分野であることが多いので、初めは普段あまり目にしない難しい英語の専門用語だらけで戸惑うかもしれませんが、集中して読んでいるうちに慣れてきて覚えてしまってることが多いんじゃないかなと思います。

僕の場合はセブ島に留学する前、英会話は全然ダメだった時点でも、海外の掲示板でいろいろと情報収集をしてたので、書かれてる内容を100%正確に理解はできなくても、要点は理解できる程度には読めるスキルが身についてました。

分からない単語が出てくる度に単語の意味を調べてたんじゃ、いつまでたっても読み終わりません。なので1センテンスまるっと意味が取れないとかではない限りはなるべく意味を推測しつつ読み進めていくのがコツ。だいたい1つの文章で全く意味が取れないときは名詞や動詞のような重要な部分が理解できてないとき。この場合はしっかり時間をかけます。でもこんなことなんだろうなというのが理解できるという場合は分からない単語は何かを修飾してる部分なので、文章の根幹の意味にはさほど影響しない部分も多いんです。よく出てくる表現だけど意味わからないなってときに調べるくらいでOKだと思います。

鍛えられない部分もある

英語の文章を読むので、リーディングは確かに鍛えられます。しかし、時間制限がある中で読むわけではないので、読む速さを上げるという部分ではあまり期待できないです。なので僕はTOEICのリーディングはあまり得意じゃないです。

まとめ

Forumつまり日本でいうネット掲示板は何かを聞く、何かを教えるというパターンが一番多いです。会話でも意外と多いですよね。このパターンをたくさん目にすることが出来るので、よく使う言い回しを自然に身に着けることができるんです。しかも無料で(笑)

ネットで調べものをすることが多い人は英語でも調べてみることをオススメしますというのが今回のお話でした。プログラムやる人なんかは特にオススメ。

それではこの辺で。
See ya!

Captainでした。

2019.06.03 【英語学習?】 親しい間でなら許されるかも?というスラングでの誉め言葉いろいろ

どもどもCaptainでっす。

先週は長野南部で仕事だったんですが、朝方まで雨が降っていた日があって、5月も末なのに息が白いという。まさかのダウンジャケット登場という普段の生活圏では予想もしていなかった状況に出くわしましてしまいました。風が強いと15℃前後でも体感温度はかなり低くなるので、まだまだ環境調査の仕事のときは車にダウン積みっぱなしです。さすがに6月になれば暖かくはなるとは思いますが、今日から南長野、北山梨で仕事なので一応ダウンは持っていきます。

さて、今回は英会話ネタ。

ただし、TOEICとかの真面目な内容ではありません。日常会話で使えるとちょっとイイ感じかもしれない単語を紹介。

bananas

これは、最近見ていた海外のTVショーでジャスティン・ビーバーが使ってた言葉。

This thing is bananas.

みたいな感じ。

さて、海外ドラマやドキュメンタリーでスラングが出てきて意味がよくわからないとき。そんな時はUrban Dictionaryを使います。辞書には載ってない新しい使われ方やスラングでの意味も出ています。

https://www.urbandictionary.com/

この場合のbananasの意味はというとcoolとかin styleよりもcrazyの方が近いかも。日本でも「頭おかしいよ」というのを誉め言葉として使う場面もありますよね。想像の遥か上を行った物を見せられたときとか。このbananasも誉め言葉。簡単な言葉に言い換えれば「This thing is soooooooooo cool!」みたいな感じになるかと。

nuts

本来の意味は食べ物繋がりで今度はnuts。

これも意味はbananasと同じ。こっちの方がbananasより少し普通に使えます。例えばfishing nut。釣りにドハマりしてる人=釣りキチのこと。footbal nutとかhealth nutなんて言い方もOK。つまり何か物事にハマりまくっている、端から見たら引いちゃうくらいの感じ。

He is a fishing nut. He goes to fishing every morning.(彼は釣りキチなんだ。毎日釣りに行ってるんだよ)

〇〇 nutの場合は個人を表すなら単数形。彼らとか彼女らを表すならnutsになります。

This thing is nuts.

のように単体のadjとして使う場合はnutsと複数形が普通です。

insane

なんか似たような意味が続いてますが…(笑)

これもcrazyという意味で使います。もちろんいい意味でも使えるのでご安心を。英語は繰り返しを嫌う言葉というのは前にも書いたと思います。なのでいつもCoolとかAwesomeばかりでなく、たまにはbananasとかnutsとかinsaneとかを混ぜてみるのもいいんじゃないかと。CoolとかAwesomeはスラングとまでは行かず普通に使える言葉ですが、今回紹介してる単語は初対面の相手とか、あまり親しくない相手とかには使わないほうがよろしいかと…(笑)

dope

やっとcrazyの呪縛から解放。

年配の人には使わない方がいい単語。昔はというか今もかな? dopeを名詞として使うと麻薬のことになります。で、adjとして使うとcoolとかawesomeになるという訳。このadjとしての使われ方は結構海外ドラマやドキュメンタリーでは耳にします。

Hey man, have you seen Mark’s new car?(Markの新しい車見た?)
Yeah! That’s dope! Is that a new model of Ferrari, right?(見た見た、スゲぇの。あれフェラーリのニューモデルだろ?)

badass

車を表現するシーンでよく耳にします。というか最近Netflixとかで見てる海外ものの番組が軒並み車関係だからかもしれません(笑)

意味的には「ちょーイケてる」みたいな感じ?

人にも使えることは使えますが、物に対して使う方が多い印象です。人に対して使ってるのはほとんど耳にしたことないです。あと女性は使ってないかも?

まとめ

今回は親しい人との間の会話で使えるかなり砕けた誉め言葉としての言葉をピックアップしてみました。
語学留学のレッスンで真面目なティーチャー相手に使うと怒られちゃうかも?(笑)

さて、今回はこの辺で。See ya!
Captainでした。

2019.05.20 【英語学習】 Captain流リスニング攻略法

どもどもCaptainでっす。

天気の都合で月曜~金曜の予定だった仕事が月、水~金となってしまい。月曜日は山梨へ日帰りという結構ハードなスケジュールに…。5月だというのに標高の高いところは寒いです。マジで。雨降ったり風が強かったりだと薄手のダウン欲しいとか思っちゃうくらい。自然相手の仕事なので、基本的に一人なので、ラッシュの電車で病気をもらってしまうということはないので、意外と健康だったりします。今思うと会社員やってたときに毎日経験していたラッシュの電車。あれが一番病気になる原因だったような気がします(笑) 満員電車に風邪ひいた人がマスクもせずに乗るのはバイオテロと言ってもいいかもしれない。

さて、今回は英会話では避けて通れない発音について書こうかと思います。

発音といっても、聞き取る方。

自分で発する方の発音は、あまり神経質にならなくてもいいと思います。英語ネイティブの人じゃないんだなと気が付いてくれれば、相手がそう考えて聞き取ってくれるので多少変な発音だろうと通じます。聞き取る方はそうはいきません。

実際に目の前にいるのであれば、多少はこちらの英会話力を考慮してスピードを落としてくれるかもしれませんが、基本的に普通のネイティブと会話をするのと同じようなスピードで話してきます。さすがに日本国内では日本人は英語苦手というのを理解しているんでしょう。「速っ!」って感じるようなスピードで会話することはまずないです。でもセブでは「速っ!」と感じるスピードなことはよくあります。特に日本人が一人であとはフィリピン人&ネイティブな場合。よく僕のコラムに登場するホテルのオーナーでもあるセブの友人と食事をするときは、欧米の人が一緒のことも多いので、気を抜いていると話の内容が全然わかんなくなるということも。

Captain流リスニング攻略法

僕の経験からすると。リスニング力を向上させるには

  1. いろいろな人の発音を聞く
  2. 聞き取れないままにしない

というのが大事だと思っています。

いろいろな人の発音を聞く

1つめ「いろいろな人の発音を聞く」というのは特定の人の発音だけだと、その人の話は聞き取れるけど、その人の発音に慣れてしまっているから聞き取れるだけで、他の人の発音は聞き取れないというピーキーなリスニング力になってしまうから。

まずはクリアな発音をする人を探して、いろんな人の声をゆっくりめで聞くことから始めるのがいいです。セブに英語留学するのであれば、少なくとも1日6コマくらいは授業があると思うので、6人の講師の発音を聞き取れるはず。最初はこの講師の発音は聞き取りにくいな、この講師は聞き取りやすいなというのがあると思います。これは慣れが必要。

こう考えてみてください。日本語でも関東の人が東北の方言や関西の方言を最初に聞いたら同じ日本語でも理解できないことあるのと一緒。英語にも地域の特徴があったり、その人その人の発音の癖が少なからずあるんです。活舌の良し悪しだってあります。フィリピン人は小学校で英語を身に着けるので綺麗な発音の傾向が高いんだと思います。

英語だってイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語で全然発音違うのは英語学習に興味を持っている人なら知っているかと思います。僕は英語の歌や映画などが好きでとくにアメリカ英語に触れる機会が多かったので、アメリカ英語は苦手意識はあまりありません。TOEICとかでも同じ。でもイギリス英語はいまだに苦手意識があります。オーストラリア英語はさらに聞く機会が少ないので、英語なはずなのによく分かんないということがゼロじゃないです。

アメリカ英語だってあれだけ広い国土です、いろんな方言があるわけ。アメリカはいろんな国の人が英語を話す国です。「人種のるつぼ」って表現されたりもするくらいですからね(サラダボウルということも多いけど)。なのでアメリカの海外ドラマを見るといろいろな発音を耳にすることができます。海外ドラマが英語学習に役に立つというのは、日常会話に近い言葉に触れることができるという点の他に、発音のバリエーションにも触れることができるというのがあるんだと思っています。

聞き取れないままにしない

2つめ「聞き取れないままにしない」というのは、聞き取れるスピードまで落として聞き取る努力をするのが大事。聞き取れないままにすると、次に耳にすることがあっても、聞き取れないままです。スピードを落として「こういう内容を言っていたんだ」とインプットしておかないとダメ。

スピードを落とす方法は実際に会話をしているのなら、相手に遅く話してくれとお願いする。何かしらの音源を聞いているのならスピードを落とすことのできるプレーヤーなどを使って内容を理解できなくても、なんて単語かを判断できるスピードまで落として聞き取ることが大事。

いろいろなバリエーションを聞くには何かしらの音源(音声が入ってる映像も含む)を使う方がてっとり早いです。繰り返しも簡単だし。

まとめ

上で書いた2つを意識して英語を聞いていると、リスニング力を効率的に上げていくことができると思います。聞き取れる言葉が増えてくれば、わからない部分があっても想像で補完することが可能になるので、ある程度のレベルに到達できればその後の効率はさらに上がると思います。日本語で会話してても、ちょっと聞き取り辛かったなと思っても、聞き返さずに推測してしまうこともあるでしょ?それと同じ。

リスニングは今回あげた2つのことを意識してあげるだけで、かなり変わってくると思います。ゆっくりで聞き取れるようになったら、少しスピードを上げてみる。それで聞き取れるならさらにスピードをあげていく。最終的に100%のスピードで聞き取れたら次に進むくらいがいいんじゃないかな。

それでは、今回はこのへんで。
See Ya!

Captainでした。

YOLOL PICK UP CONTENTS