YOLOL CAPTAIN COLUMN - You Only Live Once -

2018.03.19 【セブ島生活】 セブで病気になった時にどうすればいいかお教えします!

どもどもCaptainです。
セブ島は夏に突入して連日35℃を超えているらしいですが、日本はまだまだ寒いっすね…。

4月は日本で桜を撮りたいのでセブの夏終盤5月には夏のセブの写真を撮りに行きたいなーと思っています。本業でストックフォト販売もしているんですが、そこでダントツの売り上げなのが夏のセブの海の写真なんですね。なので売れ線の写真のバリエーションをもっと増やしたいんです。昨年9月の渡セブの際も撮影計画していたんですけど、天気があまり良くなかったのと体調崩しちゃったので断念してしまったので、今年こそはきちんと撮影したいところ!

さて、今回のCaptainコラムのテーマは「体調に関する英語」です!
フィリピンは開発が盛んなんですけど、環境に配慮した法律などの整備が進んでいないため、都市部の空気はあまりいいとは言えません。僕は初めて留学した三か月の間に何度か体調崩してしまいました。主にノドをやられてしまって熱が出るというパターン。風邪でノドからやられてしまう人は気をつけたほうがいいかもしれません。

ジャパニーズヘルプデスクという旅行保険使ってドクターに見てもらえる日本語対応のヘルプデスクもあるんですけど、症状があまり重たくない場合はAyalaなどのショッピングモールにある薬局で薬を買って済ませてしまうこともできます。(薬代は自腹になるので、可能ならばジャパニーズヘルプデスクを使うか病院で旅行保険使って診察受けて薬もらうことをオススメ)。

ジャパニーズヘルプデスクのWEBページはこちら

https://www.j-helpdesk.jp/

病院に直で行く場合は薬局で薬を買う場合は、日本語が通じる可能性は低いので症状を自分で伝えないとなりません。今回はこんな時に役に立つ表現をまとめてみました!

熱があるを英語でいうと?

I have a fever.

体温計で測ったりしてなくてあるかもしれないという時はこういうといいです。

I think I have a fever because I feel chilly.(寒気がするので熱があると思う)

have a feverで熱があるという意味になります。 haveって幅広い使い方ができるいい例ですね。症状はhaveを使うことが多いです。

頭が痛いを英語でいうと?

I have a headache.

headache=頭痛です。語尾のacheに注目してください。acheは痛みという意味の名詞でもあるんですね。なので他の体の部位と合わせて複合名詞によくなります。

stomachacheで腹痛、toothacheで歯痛、backacheで背中(又は腰)の痛みなど。

鼻がつまってるを英語でいうと?

I have a stuffy nose.

直訳すると「詰まった鼻を持っている」転じて鼻がつまってるってなる訳です。ちなみに鼻水が出る場合はまた違っててrunning noseを使います。ドクターは診察するときにわかるのでstuffy noseだけでも問題ないかと。

ノドが痛いを英語でいうと?

I have a sore throat.

sore throatでノドの痛みとか声が枯れている状態を表します。

セキが出るを英語でいうと?

I have a cough.

セキはcoughです。セキがひどいは「I have a bad cough.」って感じですかね?

痰はどうでしょう? 痰はphlegmです。ビジネス英語とかでは出てこないんで、英語の勉強にはあまり役に立たないかもしれませんが、海外で体調崩したらお世話になりますので覚えておいて損はしないかと!

I have phlegm.と使います。

実際に病院で使う時にI have a phlegm.と言ってしまっても誰も気にしないかもしれませんが、phlegmは不可算名詞なのでaは不要です。熱をあらわすfeverが可算名詞なのが感覚的に違和感を感じないでもないですが…(笑)

お腹を下しているを英語でいうと?

I have diarrhea.

diarrheaが下痢って意味です。これも不可算名詞。

吐き気がするを英語でいうと?

I feel nauseous.

nauseousは名詞じゃなくて形容詞なのでhaveが使えないんですね。だからfeelを使います。

まとめ

これくらい知ってれば薬を買いに行けるくらいの症状はほとんど説明できるんじゃないかと思います。名詞だったらhaveでいいし、形容詞だったらfeelでオッケーだったりするので、自分によくでる症状がここにない場合は調べて覚えておくといいかもです!

ちなみに症状は「symptom」って言います。

Dr.:What kind of symptoms do you have? (What symptoms do you have?) (どんな症状がありますか?)
私:I have a headache, fever, stuffy nose, and sore throat.(頭痛、熱、鼻詰まり、喉の痛みがあります)

こんな感じで伝えればOK!組み合わせる動詞がわからなければ、症状を示す単語だけ羅列しても会話なら伝わります。症状が出てる部位を指さしながらなら確実ですね。ボディランゲージも会話では大事です、ホントに。

留学中は学校のマネージャーが対応してくれるはずなので、あまり心配しなくても大丈夫ですが、旅行などでセブに行く場合は面倒見てくれる人がいるとは限りません。最低限自分の状態を伝えられるようにしておくことは大事だと思うので覚えておきましょう!

それでは、See Ya!
Captainでした。

YOLOL PICK UP CONTENTS